小倉ビルレポートvol.1 リノベーションのレシピ?「モクチンレシピ」で自分仕様な部屋に生まれ変わる。



朝は太陽の光を浴びて、日中は散歩など体を動かして、夕日が沈む頃にご飯を食べて、夜になったら眠る。

心身ともに健康でいるのに欠かせない、生活をする場所。

心地よく暮らすには、程よい「自分仕様」があったらいいんじゃないかなと思うのです。

***



今回ご紹介するお部屋は、熱海駅や熱海銀座商店街に徒歩10分ほど。

少し坂を登った先に建つ、築41年のビルです。


1階には地元感溢れるピンクの装飾テントが目印の「喫茶ぐりむ」


洋食屋さんや中華料理屋さん、喫茶店など選択肢がたくさんあるエリアで、日替わりレベルで行かないと制覇できないくらい、たくさんのお店があります。

***


この夏、小倉ビルの5階の一室でモクチンレシピを活用したリノベーションが始まりました。


見ているだけでわくわくするネーミング、「確かに!」と思わずくすっとしてしまうキャッチーさ。

なんだか難しそうだなあと思っていたリノベーションも、わかりやすい説明や事例写真が載っているので、こんな感じ感かな?と、頭のなかでイメージがしやすい。

建物の可能性や予算に合わせて、レシピの内容を組み、空間を作れるという…。

誰でもできるリノベーション、新感覚です。


モクチンレシピは、建築、不動産、デザイン、コミュニティ、ITなど様々な専門家によって構成されたソーシャル・スタートアップ「モクチン企画」がつくった賃貸アパートのためのデザインツール。

モクチン企画・モクチンレシピより引用

リノベーション前の図面はこちら▼

広めのダイニングに和室が2部屋。ベランダもあります。

そして、モクチンレシピを使って出来上がった図面です。

大きな工事というより、今ある設備やモノを活かしたリノベーション。


水回りの位置も変わらずそのままですね。

これからどうなっていくのか完成が楽しみです。

10月現在、工事の途中ですが、現場の様子をお届けします!



ダイニングスペースに敷かれたクッションフロアの柄がレトロでとても可愛らしい!けど、こちらは劣化が激しいため、新しい床材を敷くことになりました。

熱海は古い空き家も多いので、昔の姿も、工事前に記録として撮っておくのも大事なことだなあと思いました。

古いものに新しさを取り入れながら、その建物の良さを活かしていく。リノベーションはそういった背景だったり、より深める事ができたり、なんて面白い世界なんでしょう。

部屋全体はモクチンレシピの「ホワイト大壁」で、白く統一感のある空間に変身予定。どんなジャンルの家具でも馴染みやすいので、インテリアで遊べるのも嬉しい要素のひとつ。

メインの白い空間で、とっても大事な脇役がいます。

ドアノブ、取っ手、スイッチプレートのパーツ類です。種類や素材がバラバラだとなんかチグハグな印象になりがちですが、せっかくのリノベーションです、細かいところもしっかりこだわっていきましょう!

名前が素敵、「チーム銀色

お次はバスルーム。

とてもコンパクトサイズで、湯船が正方形に近いです。



こちらはモクチンレシピの「ぴかっとバスルーム」を活用。


古いお風呂で何が一番心配か…上位に水圧があると思います。

黄ばんでいる樹脂のシャワーや、ちょっと硬くなった水栓をシルバーのぴかぴかなパーツに変えるだけでだいぶ安心感と清潔感が増します。

和室だった2部屋は仕切りを取り除き、広めなスペースに変わりました。




窓からも日差しも部屋の奥まで入るようになり、暗さが一気に無くなりました。

どこで寝転がっても気持ち良さそうな部屋になりこと間違いなしですね。



広めなワンルームには「のっぺりフロア」と「あなあきウォール」で視覚的効果もありつつ、機能的な要素もばっちし。


一度使ったらわかる、有孔ボードの便利さ。

棚も好きな場所に作れて、フックも好きな場所にかけられる。


時計や服、お気に入りの絵や作品などを飾ったり、自分好みにカスタマイズできるのが魅力です。


部屋の印象も変われば、見えている景色は一緒でもきっと見え方が変わってくると思います。

真っ青な空と奥の方に小さく海も見える屋上。

リフレッシュしたい時は、キャンプ椅子を持ってコーヒーを飲んだり、ほっと一息つく場所に。






熱海暮らしの特徴のひとつ、生活の動線に「街」という存在が欠かせません。

熱海がコンパクトで観光の街というものあり、お店も新旧いろいろなお店があったり、ふらっと立ち寄れる場所がたくさんあります。

落ち着く場所が部屋という事はもちろん、海辺のカフェや、老舗の日帰り温泉だったり。

自分仕様な住まい、暮らしやすい環境を熱海だったらできるかも…。

***

古さと新しさを兼ね備えたリノベーション計画、引き続きお部屋の様子をご紹介していきます。

次はどこが変わるのでしょうか…お楽しみにー!

モクチン企画HP

Twitter

Instagram